悩みを抱えている人

検査と症状

親子カウンセリング

症状を知る

うつ病の症状によって、治療方法が異なります。症状は、大きく分けて2つあり、精神症状と身体症状が有ります。うつの症状は、落ち込みなどの症状だけでなく、身体の体調なども悪くなります。症状は一日に何回も変わり、それぞれによって対処の方法を変えなければいけません。これがうつ病の特徴になります。多くのうつ病患者は、朝方症状が悪く、夕方になるにつれ回復してきます。精神症状は、感情や意欲、思考面に現れ、それぞれ特徴があります。感情的な症状では、気分が憂鬱になり、何も無いのに悲しい気持ちになる事があります。自分を責めることもあり、不安感や劣等感などを感じます。最悪は、死にたいなどの感情も現れます。

意欲面や思考面

意欲面でいえば、何もしたくない感情になります。行動力もなくなり、ボーっとしていることが多くなります。人と会話をすることも面倒くさくなり、好きなことでも意欲がなくなります。思考面は、考えがまとまらないことや判断力や決断力が低下する症状が挙げられます。妄想を繰り返すこともあり、現実とは違うことを言うことや行動してしまう症状の人もいます。

身体の症状

うつ病になると、身体も不調になり、睡眠障害や疲労感、倦怠感、めまいなどが起こります。色々な障害を引きこす原因になります。精神症状が少ないときでも身体症状が出ている時も有ります。身体症状だけ出ているうつ病を、仮面うつ病と言います。検査をすることによって、どんな症状があるのかを知ることができます。まずは、専門医に相談することが大切になります。

うつ病の具体的な症状について

家庭や仕事、学校で過度のストレスがかかり、精神的に追い詰められることで体にも様々な症状が出てきてしまうという人が年々増えてきています。ストレス社会とも呼ばれる現代社会で、精神的な病に陥る人が増えてきている、これがある意味で社会問題ともなっているのです。 そのストレスが原因とされている病気の中にうつ病というものがあります。うつ病というと一度は聞いたことがあるという人もいるかもしれませんが、その症状とは具体的にどういったものなのでしょうか。 実は、うつ病は睡眠障害や記憶障害など比較的重度のものもあれば、気分の浮き沈みが激しい、やる気が起きない、だるい、微熱が続くといった軽度のものまで症状が様々なのです。最近ちょっと体調が悪いかもしれないという人も、もしかするとうつ病予備軍に当たるのかもしれません。

その解決方法について

基本的に、うつ病の治療は本格的なものであれば薬物療法や定期的なカウンセリングなどが行われます。もちろん、それを行う心療内科などのクリニックによって内容は異なってくるのですが、重度のものであればあるほど治療が長引く傾向にあるので注意が必要です。 もちろん、比較的軽度のものであれば薬物治療を行うまでもなく症状が改善されるという人も中にはいます。うつ病に限ったことではありませんが、こうした精神的な病は早め早めに解決策を打っておくということが大切になっていくのです。 自分の体調でもしかしてと思う節があるという人は、まずうつ病であるかどうかチェックしてみることをお勧めします。チェックで当てはまればできるだけ早い段階で専門の相談窓口、もしくはクリニックに足を運ぶこと、うつ病ではなかったとしてもできるだけストレスの少ない環境作りを心掛けるようにしておくことが大切です。

Copyright(c) 2015 うつ病を改善するために知識を身につけよう . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com