悩みを抱えている人

合併症を引き起こす

医師とタブレット端末

病気とストレス

他の病気によって、うつ病になる事があります。うつ病を合併すると、治療の妨げになることや病気の症状を悪化させることもあるので、早めに対処することが大切になります。特徴として、慢性的な病気になっている時に、症状の悪化や不調、入院生活や生活環境、経済的なことが負担になってストレスを感じてしまい、うつ病を発病させてしまいます。うつ病を合併すると、体調が悪いことなどによって、ストレスを感じてうつの症状が悪化してしまいます。悪循環になるので、早く治療することが大切になります。元の病気が改善されれば、うつ病の症状も落ち着いてきます。しかし、症状が重くなったときには、他の病気が治ったときでもうつ病の症状が残ることも有ります。うつ病を合併しやすい病気があります。神経や脳の病気であるパーキンソン病や、脳血管障害などが有ります。他にも、関節リウマチや糖尿病や心筋梗塞、癌などがあります。

副作用で引き起こる

病気によって起こるものではなく、治療薬の副作用でもうつ病になる危険性があります。医療薬品には、副作用としてうつ病の症状を引き起こすものもあるので、きちんと確認しておきましょう。ウイルス性肝炎などの治療では、行為菌約や抗生物質などが使われるので、うつ病の症状が見られるときが有ります。うつの症状が出たときには、原因となる薬をやめて、違う薬を使用することが大切になります。うつの症状が出ると、病気の治療に影響を与えます。悪化しないように、少しでも変化が生じたら使用を止めましょう。

治療にかかる治療費について

「心の風邪」とも言われるうつ病の治療は主に精神科や心療内科にて行われ、様々な精神科専門療法及び抗うつ薬の処方服用にて、治癒に導く方法となります。精神科領域の治療においては「精神療法」と呼ばれる不安や葛藤を医師との面談によって取り除くとする療法があり、これによって精神の安定や疾患の根源を把握する事となります。また服薬の面では副作用や効果発現の時間などを勘案して処方され、2剤以上の複数種類で処方される事が多いようです。うつ病については自立支援医療の通院公費の対象となりますので、この制度を利用する事により精神科領域の薬剤や検査などは基本1割の窓口負担(所得に応じて限度額も設定されます)となり、平均的に月5,000円から10,000円程度の支払いまで抑制できる事が出来ます。

うつ病の特徴について

うつ病は特に「メランコリーうつ病」と「非定型うつ病」の大きく二つに分類されます。メランコリーうつ病は従来知るところのうつ病と言う事になりますが、真面目で頑固な方が罹患する事が多い傾向にあり、自己攻撃・内包的な状態が発現しストレスからの解放が急務となります。一方非定型うつ病においては他者攻撃と責任回避観念が強く、自己コントロールができていないという特徴があります。また行動範囲が徐々に狭まり、最終的には閉じこもりということになるので、活動が減ってきたら、徐々に活動を増やす様に働きかけて下さい。ただ二つともに共通するのは「集中力が欠如」「思考力なし」ということになり、いずれにしても通常の生活を支障が出る事が多い傾向です。

Copyright(c) 2015 うつ病を改善するために知識を身につけよう . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com